艶つや習慣の解約方法は購入前に要確認!【口コミに騙されるな】

艶つや習慣プラス(つやつや習慣)の解約について詳しく解説!艶つや習慣の定期便の解約方法は購入前によく確認しておきましょう!

イボの治療法と市販薬について

イボの治療法にはどのようなものがあるのでしょうか。治療法の種類と薬について解説します。また、自宅でケアできる市販薬についてもご紹介します。

イボの治療法について

イボの治療法は主に3種類あります。

さっそく、それぞれを見ていきましょう。

液体窒素

イボを凍結させて除去する方法です。-196℃液体窒素を使うことで低温火傷を起こして焼き切る方法なので、痛みを感じる方も多いようです。表面を除去する方法のため、根元まで焼き切るには、3か月~1年ほど繰り返し施術する必要があります。メリットは、皮膚科で保険が適応される場合が多いので費用は比較的安いところです。

レーザー

炭酸ガスレーザーによってイボを蒸散させる方法です。患部にピンポイントで照射するため、痛みも感じにくく傷跡も残りにくいのが特徴です。デメリットは、保険適応外で費用が高くなる場合があり、クリニックによっては価格にばらつきがあるところです。

薬は内服薬と外用薬に分けられます。

内服薬には、ハトムギの種子から取れる「ヨクイニン」がよく使われます。ヨクイニンは栄養豊富で、タンパク質やビタミン、カルシウム、カリウム、鉄などを含んでいます。免疫機能を高め、肌荒れや吹き出物にも効果が期待できます。

外用薬には、「サリチル酸」が使用されます。サリチル酸は角質を軟化させるので、イボやタコの除去に用いられています。塗るタイプと貼るタイプの2種類あります。

イボの市販薬は?

イボを自宅で治療したい場合は、薬局やドラッグストアなどで買える市販薬を使う方法を選ぶ方もおられます。

主な商品は下記になります。

イボコロリ(横山製薬)

有効成分のサリチル酸が含まれています。角質を柔らかくして、固まったイボを除去します。魚の目、タコ、イボに使えますが、顔や首への使用は推奨されていません。

顔や首に使う場合は、「イボコロリ内服錠」といって飲む薬がおすすめです。ヨクイニンを配合しているため内側からのケアが可能になります。

スピール膏(ニチバン)

こちらもサリチル酸が配合されています。塗り薬と絆創膏のタイプから選べます。

艶つや習慣

ハトムギエキス、アンズエキスなどイボの有効成分が配合されている口コミでも評判のオールインワンジェルです。顔や首など全身に使用可能で、美白、保湿も同時に行うことができます。お得な定期便もあり、1回だけでも解約可能なので、初めての方でもおすすめです。

まとめ

イボの治療法と市販薬について解説しました。液体窒素やレーザーなどは不安なので自宅でケアしたいという場合は、艶つや習慣などを活用してみてはいかがでしょうか。

艶つや習慣の公式サイトはこちら

艶つや習慣

 

 

 

 

 

広告を非表示にする