艶つや習慣の解約方法は購入前に要確認!【口コミに騙されるな】

艶つや習慣プラス(つやつや習慣)の解約について詳しく解説!艶つや習慣の定期便の解約方法は購入前によく確認しておきましょう!

首のイボを自分で取るのは危険!?

首のイボを自分で取ることができるなら、皮膚科などに行かずに自宅で何とかしたい!という方も多いと思います。首や胸(デコルテ)などにできたイボは自分で取ることができるのでしょうか。間違った治療をする前に注意点をお伝えします。

こんな方法には要注意!

首のイボを自分で取る方法として、注意が必要なのは下記になります。

ハサミや爪切り、ピンセットなどで切る
皮膚科などのクリニックでは、イボを切除する方法はあります。しかし、自分で切るのは避けましょう。

病院の場合は、衛生管理も整っており、術後のケアも万全の状態で行いますが、素人が自己判断で行うと傷跡が残ったり、雑菌などが侵入して炎症などトラブルの原因になります。

さらにウイルス性のイボ(尋常性疣贅)であれば、ウイルスが拡散して、イボを増やしてしまうこともあります。そのため、イボをハサミや爪切り、ピンセットなどを使って自分で切るのは絶対にやめましょう。

線香、ライターで焼く
これはウイルス性のイボを焼き切ってしまおうという治療法です。単純に考えれば分かると思いますが、肌を焼くという行為自体、火傷などのリスクを伴います。

首の周辺にできるイボは、スキンタッグやアクロコルドンと呼ばれる老人性のイボで、ウイルス性でない場合がほとんどです。そのため、首や胸(デコルテ)のイボを線香やライターで焼くのは避けましょう。

消しゴムを使う
消しゴムでイボを圧迫する方法です。消しゴムを5㎜ほどにカットして、患部に当てて絆創膏などで固定します。続けているとイボが血豆のようになって、取れると言われています。

こちらは、主に足の裏などのウイルス性のイボに使われる方法で、首の老人性のイボには不向きです。

首のイボを自分で取るにはコレ!

それでは、首のイボを自分で取る方法はないのでしょうか。現在、おすすめできるのは、「艶つや習慣」というイボ対策ジェルを使った方法です。

艶つや習慣には、首や胸(デコルテ)などのイボをケアする「ハトムギエキス」や「あんずエキス」、「美容成分」などがたっぷり含まれています。そのため、肌に負担をかけずに、自宅でも簡単にイボ対策することができます。

現在、公式サイト限定で、いつでも解約可能で割引価格になる定期便も用意されているので、ぜひ確認してみてくださいね。

さらに詳しい情報を下記を要チェック!

艶つや習慣の公式サイトはこちら

艶つや習慣