艶つや習慣の解約方法は購入前に要確認!【口コミに騙されるな】

艶つや習慣プラス(つやつや習慣)の解約について詳しく解説!艶つや習慣の定期便の解約方法は購入前によく確認しておきましょう!

イボにイボコロリを使う前に!

イボの市販薬と言えば「イボコロリ(横山製薬)」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。名前のインパクトからイボが取れそうなイメージがありますが実際はどうなのでしょうか。効果と注意点を見ていきましょう。

イボコロリの効果は?

それでは、イボコロリにはどんな効果があるのでしょうか。イボコロリの主成分には「サリチル酸」という成分が含まれています。

サリチル酸は、角質を柔らかくする作用があり、イボを柔らかくして取れやすくする効果が期待できます。

また、サリチル酸はニキビ治療にも用いられる成分で、殺菌作用によりアクネ菌の繁殖を防ぎます。

顔や首の使用に注意!

しかし、サリチル酸は非常に強い成分なので、イボコロリは顔や首、胸元など皮膚の薄い場所には使わないようにしましょう。イボだけじゃなく正常な皮膚にも影響を与えてしまう可能性があり、肌トラブルの原因になります。

イボコロリが使える場所は、指や足など皮膚の厚いところです。間違った使い方で、肌荒れや色素沈着など肌を傷付けないようにしましょう。

イボコロリを顔に使いたい場合は?

イボコロリは液体タイプ以外にも、飲むタイプの内服錠があります。これは、サリチル酸ではなく、体の内側から働く「ヨクイニン」という成分が含まれています。ヨクイニンは、ハトムギの種子から取れる成分で、肌の新陳代謝を促進して、イボを排出するサポートをします。

液体タイプと比べて、肌へ直接的な刺激はないので、顔や首、胸元にイボコロリを使いたい場合は、内服錠タイプを選びましょう。

老人性イボには注意!

イボの種類は大きく分けて2種類あり、ウイルス性イボと老人性イボです。

ウイルス性イボは、傷口などからウイルスが入ることでできるイボで、手や足などにできやすいです。尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)とも呼ばれています。

一方、老人性イボは、老化現象によるもので、顔や首などにできやすいです。茶褐色のシミのような状態から、角質が分厚くなって突起状になってきます。

イボコロリが使えるのは、ウイルス性イボになります。イボコロリを顔や首にできやすい老人性イボに使ってしまうと、皮膚にダメージを与えてしまい、炎症や色素沈着などの跡が残ってしまう可能性があるので注意しましょう。

老人性イボをケアするには?

それでは、老人性イボをケアするにはどうしたらいいのでしょうか。ネットで手軽に買えるものであれば「艶つや習慣」というジェルがおすすめです。

艶つや習慣には、ハトムギエキスやアンズエキスなどイボに働きかける成分を含んでおり、イボコロリでは使えない老人性イボに使えます。イボコロリのように刺激の強い成分ではないので、顔や首などのイボにも安心して使うことができます。

現在、公式サイト限定で初回50%OFFの定期便が用意されています。艶つや習慣の定期便は、いつでも解約可能で、〇か月以上の継続が必要といった条件や縛りはないので、初めての方でも安心して始めることができます。

艶つや習慣の詳細は下記を要チェック!

艶つや習慣の公式サイトはこちら

艶つや習慣