艶つや習慣の解約方法は購入前に要確認!【口コミに騙されるな】

艶つや習慣プラス(つやつや習慣)の解約について詳しく解説!艶つや習慣の定期便の解約方法は購入前によく確認しておきましょう!

イボと魚の目、タコの違いは?

イボの他にも、魚の目やタコといった名前がありますが、どんな違いがあるのでしょうか。そこで、「イボ」「魚の目」「タコ」の違いについて調べてみました。

イボ

イボは、尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)とも呼ばれ、主に「ヒトパピローマウイルス」が傷口などから感染することで起こります。表面が隆起して、ボツボツした状態になります。

ウイルス性イボは、手や足にできやすいですが、ひじやひざなど、傷付きやすい部分にできるケースもあります。基本的に痛みやかゆみはありませんが、むやみに触ってしまうとウイルスが拡散する原因になり、悪化する可能性があるので注意が必要です。

また、イボには角質が固くなって起こる老人性イボもあります。これは、顔や首、胸元などにできやすいです。

魚の目

魚の目は、一定の場所に摩擦などの刺激が継続的に加わることで角質が分厚くなることでできます。魚の目は、真ん中に芯ができるのが特徴で、角質が内側に向かって厚くなっていきます。

足の指などにできやすく、進行すると皮膚の内側の神経まで達して痛みを伴います。

タコ

タコの原因は、魚の目と同じで摩擦などの刺激が加わることでできます。魚の目は、狭い範囲の刺激でできるのに対して、タコは広範囲の刺激でできるのが特徴です。魚の目のように芯はなく、角質が外側に向かって厚く、黄みがかった状態になります。

タコは、足の裏や関節部分など全身にできますが、皮膚が硬くなることだけなので痛みはあまりありません。

まとめ

ここまでをざっくりまとめると下記になります。

イボ
ウイルス、もしくは老化が原因で、表面が盛り上がっていて、痛みはない。

魚の目
狭い範囲の刺激が原因で、芯があって、進行すると痛みを伴う場合がある。

タコ
広い範囲の刺激が原因で、芯はなく、痛みはあまりない。

ちなみに、顔や首にできやすい老人性イボは、「艶つや習慣」などを使って自宅でもケアすることができます。艶つや習慣には、皮膚の新陳代謝を活性化させる成分が入っているので、硬くなった角質を除去するサポートをしてくれます。そのため、イボ以外にも魚の目やタコなどにも効果が期待できます。

現在、公式サイトより初回50%OFFのキャンペーン中なので気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。艶つや習慣は定期便でも、いつでも解約できるので、初めての方でも安心ですよ。

艶つや習慣の詳細は下記をご覧くださいね。

艶つや習慣の公式サイトはこちら

艶つや習慣