艶つや習慣の解約方法は購入前に要確認!【口コミに騙されるな】

艶つや習慣プラス(つやつや習慣)の解約について詳しく解説!艶つや習慣の定期便の解約方法は購入前によく確認しておきましょう!

イボに、ひまし油と重曹のカソーダは危険!?

イボに、ひまし油と重曹を混ぜたものが効果があると聞いたことがある人もいると思います。これは、カソーダとも呼ばれおり、ホクロやシミなどのケアにも使われています。本当にひまし油と重曹だけで、イボに効果があるのでしょうか。そこで、カソーダの詳細について調べてみました。

ひまし油と重曹について

まずは、カソーダの成分である、ひまし油と重曹について見ていきましょう。

ひまし油とは

植物のトウゴマの種子から取れるオイルです。抗菌、抗炎症作用があり美容や健康面でも注目を浴びています。粘性と潤滑性があるので、工場用のオイルとしても用いられています。

重曹とは

正式名称は、炭酸水素ナトリウムと呼ばれています。加熱すると二酸化炭素を出す性質があり、料理では「ふくらし粉」としても使われています。また、酸を中和するアルカリ性のため、掃除や消臭などにも使われています。

カソーダとは

カソーダ(Casoda)は、もともとアメリカで開発されたクリームで、イボやホクロ、シミなどのケアに使われています。成分は、ひまし油と重曹からできています。

カソーダの作り方

カソーダの作り方は簡単で、「ひまし油1:重曹2」の割合で混ぜます。クリーム状になってきたら完成です。使う容器は、保存しやすいようにフタの付いたものをおすすめします。また、肌に使うものなので、清潔なものを使いましょう。

なぜ、カソーダはイボに効果が?

それでは、なぜ、カソーダはイボに効果が期待できるのでしょうか。それは、カソーダには重曹が含まれており、アルカリ性だからです。

肌が弱酸性なのは聞いたことがあるかもしれませんが、肌がアルカリ性になると、皮膚の表面が柔らかくなり、古い角質を除去するピーリング効果が期待できます。そのため、イボが取れやすい状態になるということです。

カソーダの使い方

カソーダの使い方は下記になります。

  1. お風呂上りなど、清潔な状態でイボが気になる部分に塗ります。
  2. 塗った部分をガーゼや絆創膏を貼ります。
  3. 1日ごとに洗い流して、塗り直します。

以上が基本的な使い方になります。続けて塗っていくと患部がかさぶたのようになり、剥がれ落ちます。無理にかさぶたを剥がすと治りにくくなるので、自然に剥がれるのを待ちましょう。

また、患部を引っ掻くなどして少し傷付けると浸透しやすくなると言われていますが、炎症などの肌トラブルの原因になるので避けましょう。

副作用について

カソーダはアルカリ性のため、肌への刺激になります。重曹はもともと、油やたんぱく質を分解する作用があり、皮膚の皮脂やたんぱく質にも影響を与えます。そのため、肌の弱い敏感肌の方には合わない可能性があります。初めは少量で試し、肌に合わない場合は、すぐに使用を中止しましょう。

肌に優しいイボのケアはコレ!

肌に優しい方法でイボのケアをしたい場合は、「艶つや習慣」というオールインワンジェルがおすすめです。イボの有効成分以外にも、美容成分がたっぷり含まれているので、スキンケアしながら、イボのケアができます。

現在、公式サイト限定で、艶つや習慣の定期便が初回50%OFFになり、いつでも解約可能になっているので、イボにひまし油や重曹を使う前に下記をチェックしてみてくださいね。

艶つや習慣の公式サイトはこちら

艶つや習慣